HOME>コラム>中古クレーン販売店で購入しよう【購入の流れをチェック!】

中古クレーン販売店で購入しよう【購入の流れをチェック!】

女性作業員

中古クレーン車を購入する際にチェックすべきポイント

クレーン車は建設関係から一般の人まで様々な人が使える便利な車です。しかし、割安な反面新車で購入するのと違い中古クレーン車を選ぶときには、まだまだ使えるかをチェックして購入する必要があります。まずは、信頼できる販売店であり整備点検はもちろんのこと、アフターフォローまで行っているかがポイントです。点検整備に関してはトラックの部分は一般的な整備ですが、クレーン部分に関してはアームの動きやワイヤーの摩耗状態までしっかりと確認していることが大前提です。それに加えて、シャーシ部分に高張力銅板が使われているかも確認します。高張力銅板が使われていることによって、クレーンもしっかり支えることができ、中古クレーンでも長く使えます。もちろん、ボディや走行距離だけでなく、実際にアームを動かしたりして自分の目でも確かめることが必要です。

クレーン

中古クレーン車の購入から納品までの流れ

実際に購入するにあたって中古クレーンの車種や大きさを指定して探すことからは始まります。店舗にない車でも提携する販売店からも探すことができるため、条件を指定していろいろな車種を見ることもポイントです。その後、実車を見て車両の状態からクレーン部分の状態を確認します。ちなみに、販売店によって試乗して確認できるため、安心して購入することができます。車両の状態に納得したら見積もりを取ります。中古クレーンの場合、用途に応じてワイヤーを交換したり板金塗装をしたりすることもあるためです。車検があれば良いのですが、多くの場合車検が切れていることが多いためその点も含めて見積もりを取ります。実際の納品では点検整備の他、名義変更などの事務処理が終わったうえで行われるため、すぐに使える状態になっています。

広告募集中